おくるみの必要性

| コメント(0) | トラックバック(0)

おくるみは出産準備品の一つとして位置づけられ、雑誌や本に記載されている「出産準備リスト」の中に含まれていることが多いです。

おくるみはその名前の通り、くるむ=包むで、赤ちゃんを包むための大きくて柔らかい布のことです。

赤ちゃんを抱っこするのに慣れていないパパとママは、赤ちゃんを抱っこする時にあると抱きやすいため、最初のうちは重宝するアイテムと言えます。

また、赤ちゃん自体が狭い子宮の中で長い間過ごしていたため、おくるみに手足が包まれることで安心感をもたらすというメリットもあります。

ただし、おくるみ自体がそんなに安いものではなく数千円から1万円近い価格のため、本当に必要かどうか検討する必要があります。

出産準備品として、ベビー服やオムツ、沐浴用品、ベビー布団、ベビーベッドなど今まで使っていなかった様々なアイテムをそろえる必要があるのです。

また、産院によっては入院準備品も必要なため、出産にはたくさんのお金が必要です。

そんな時に本当に必要か分からないおくるみを購入すると、予算をオーバーしてしまう可能性があるのです。

おくるみはバスタオルやブランケットで代用することができるので、おくるみにこだわらず、自分たちが使いやすいアイテムを選ぶことが大切と言えます。

ModernBurlap(モダンバーラップ) | モノクロデザインのオーガニックコットン
http://www.modernburlap.jp/

退院時に必要なものの中に"おくるみ"があります。

初めての子どものときは特に、

『ベビーグッズを揃えてあげよう!!』と思いますよね?

ネットで販売されているそれらは、

実は意外とお値段が張るんですよね。しかもセットとか。

けれど、ついつい買ってしまう。。。

私の体験上から、役に立つかどうかわかりませんが、

いくつかアドバイスをしたいと思います。

もしよければ、ちょっとお耳を貸してください。

まず、『おくるみは必要ない』です。

厳密に言うとするならば、

『おくるみだけの用をたすものは必要ない』のです。

ただでさえ、妊娠・出産はお金が飛んで行きます。

ここは、賢くいきましょう!

さらに言うとするならば、

『おくるみ』だけの役割をするものは、もって半年です。

だからといって、おくるみが必要ないわけではありません。

赤ちゃんを外気から守るために必要なものです。

私は、質のよいガーゼケットをおくるみにしました。

4重ガーゼとか、6重ガーゼでできているものです。

これだと大判なものでも軽くて持ち運びやすいですし、

洗濯をするたびに"ふんわり"と肌触りが良くなります。

何よりも、最初はおくるみとして、

『夏は通気性がよく冬は保温性が高く、非常に高性能!』

そして、おくるみとして活用した後は、

そのまま子どものお布団にもなります。その頃には、

子どものお気に入りの入眠グッズになりますよ♪

せっかくですから、長く気持ちよく使えるものとして

考えてみてはいかがでしょう。

オーストラリアのおくるみweegoamigo(ウィーゴアミーゴ)公式オンラインショップ

ジョンストンズの大判ストールを持っています。カシミア100%で肌触りがとっても柔らかくて、広げると結構大きいですが、とても生地が薄くて軽いので使いやすくて重宝しています。

色の展開がものすごく多くて、最初は迷ってしまいました。無地のOTTERという色のものを購入しましたが、30代後半の私には大正解でした。落ち着いた色合いで、どんな服にも合います。もし2枚目を購入するときには、チェック柄に挑戦してみたいです。英国製品だけあって、チェック柄もとても素敵です。

このストールは、冬の寒い日のお出かけには手放せません。小さい子供がいるのですが、外出して寝てしまったときなどに、上に掛けてあげたりできるので便利です。

私はネットで、通常の半分くらいの値段で購入しました。最初は高価な買い物だったのでかなり不安でしたが、思い切って購入して良かったと思っています。とても満足できる商品でした。

ジョンストンズは、カシミアの中でも最上級のホワイトカシミアというものを使っているそうです。手触りが他のカシミアと違うのはそういうことだったのですね。

ジョンストンズは、1797年創業以来、原毛の厳選から紡績、機織、ニッティングまで手掛ける、英国でも珍しい一貫生産工場をもつメーカーなのだそうです。歴史が古く、商品の質が良い理由がわかります。

何年も経つと白系統の壁紙は薄汚れた感じになり、また端は剥がれたりして見苦しくなるものです。

小さな部屋なら、自分で壁紙を張り替える事ができるかも知れませんが、玄関から階段、何部屋もの壁紙となると自分で張り替える事も難しいでしょう。

張替えは難しくても、先に記載した状態の壁紙をDIYでメンテする事は誰にでも比較的簡単です。

壁紙の端が剥がれている部分は、市販の壁紙専用の接着剤を壁紙の剥がれた部分に塗り、端をへらで桟に押し込むようにし、後はこれも市販のローラーを使って押せば完了です。接着剤とローラーがセットになった物も市販されています。

次に、壁紙の汚れを取る作業です。日焼けして黄ばんだものは取れませんが、ダイニングキッチンの油分を含んだ蒸気で汚れたものや、喫煙者が居られそのニコチンやタール分で汚れたリビングの壁紙なら、綺麗にする手段があります。

それは、市販のメラミンスポンジに水を含ませ、これで拭くだけの作業です。メラミンスポンジが驚くほど茶色に成り、汚れを掻き取っている事が分かるはずです。

こまめにメラミンスポンジを洗い、丁寧に壁紙を拭けば驚くほど白さを取り戻します。汚れがひどく、落ちが悪い場合には、これも市販されている炭酸水を霧状に噴き掛け、暫く置いて水を含ませたメラミンスポンジで拭くと、より効果を発揮します。

壁紙を張り替えた程とまでは言えませんが、驚くほど綺麗になり、また端の剥がれがなくなれば、見た目もスッキリとするものです。

壁紙張替えには費用が掛かり過ぎると思われる方は、このメンテ方法を試される事をお勧めします。

簡単に貼れる壁紙シールはこちら

結婚式やパーティーに参加する時に、可愛くてセクシーなドレスを着て行きたいと思っている女性も多いと思います。
ブランドもののドレスは、10万円以上しますよね。
ちょっと高いと感じる方には、1万円以下のドレスを探すこともできるんですよ。
最近は、キャバ嬢に人気のドレスを格安で買える通販ショップがたくさんありますよね。
このようなお店で、パーティーのドレスを探すこともできるんですよ。
キュート系からセクシー系まで揃っているから、どんな女性でも好みのドレスが見つかります。
ミニやロング、最近は、着物をアレンジした和風のドレスもあるんですよ。
誰よりも目立ちたい方には、このような着物のドレスもいいと思います。
ところで、最近、ドレスを着ている女性って多くなりましたよね。
デートや高級レストランに行く時にもドレスを着てる女性を見かけます。
デートや高級レストランに、ふさわしいドレスを買うこともできるんですよ。
ちょっと値段は高くなるけど、デザインが素敵です。
ドレスに合うバックやパンプスを選ぶこともできます。
ドレスを引き立てるアクセサリーもドレスの通販ショップで買えるんですよ。
他のお店で買うよりも安くてデザインもオシャレです。
ドレスの通販サイトは、価格から探すこともできるから便利ですよね。
海外ドレスを販売しているお店も増えています。
日本では手に入らないデザインのドレスもあります。
これからドレスを買う予定のある方には、通販ショップもおすすめです。

元保育士です。ですから〜というわけではないのですが、子どもがいる住空間は、子どもが楽しくなるようなカラフルでかわいらしい壁飾りを〜と思って、妊娠中ヒマだったということもあり、せっせせっせと作っていました。


今思えば、ウォールステッカーで済ませれば良かったのですが、当時の私はウォールステッカーというアイテムのことすら知りませんでしたし、壁飾りは色画用紙などでつくるものだと思っていましたので、せっせせっせと作っていたのです。

けれども、保育園の壁ならば両面テープでも剥がしやすかったでしょうけれど、わが家の壁紙に両面テープで色画用紙の飾りを貼付けていましたので、そりゃあ1年経過しただけでも、ガッツリテープ跡がついてしまいますよね。今でも私が両面テープで貼付けていたところは、粘着剤が残ってしまったのか、なんだかベトベトしています。


...と、そのようなことを友達に話したところ、ウォールステッカーを教えてくれました。今ではツリーや小鳥や動物、それに不思議の国のアリスをモチーフにしたものなど、さまざまなウォールステッカーが登場しているのですよね。


それに、貼るのも簡単ならば、剥がすのもキレイに剥がせる上に簡単ですから、まあ私が思ったことと言えば「もっと早くウォールステッカーを知りたかった」ということですよ。


自作の壁飾りもカワイイのですが、マイホームのことを考えると、ちょっと旦那にも申し訳ない気持ちですから。

http://dreamsticker.jp/

ネットで見ていて「おお」と思ったのは、とあるご家庭の

壁に描かれた、大きな世界地図。

なるほどこれがウォールステッカーというものなんだな、

と。

結局はただのシールなんだろう、シールと言えば子どもの

イメージだ、と思っていただけに、ネットで見た世界地図が

想像以上にインテリアとして大きな役割を果たしているのを

見た私は、これをぜひ私の部屋にも!と思ったわけです。

ただ、私が住んでいるのは賃貸の部屋。

調べてみたところ、ウォールステッカーの中には

「葉っぱ」や「文字」のような、一つひとつのパーツを

丁寧に貼っていかないといけないものもあります。

 一度貼ってしまえばしばらくは楽しめるワケですから、

その労力だけならまだしも......。

いざ次の住まいに引っ越ししようと考えたとき、それらを

再び自分の手で剥がしてしまうというのは、生来の面倒

臭がり屋の私には何だか億劫です。

そこで私が目をつけたのは、「家電」。

これから引っ越しをするかもしれない中で、今の住まいと

次の住まい、変わらないものは?と考えたときに、真っ先に

家電が思い浮かびました。

 実際に検索してみると、家電にウォールステッカーを

貼ったという方は多い様子。

いわゆる「白物家電」の中でも、洗濯機や冷蔵庫などの

大きな面がある家電は、壁ほどとは言えないまでも、

小振りなウォールステッカーを貼るには十分なサイズが

あります。

 そこで通販で、電信柱と小鳥をモチーフにした小振りな

ウォールステッカーを購入。

届いたものを早速ペタペタと洗濯機に貼っていきました。

するとそれだけで、どこか殺風景だったランドリーが、

少しポップな雰囲気に変化!これは嬉しい。

あまりに雰囲気がガラッと変わったのに味を占めたので、

次は冷蔵庫の方にもチャレンジしてみようと企み中です。

しかし次はどんなウォールステッカーにしてみようかと。

それがとても悩ましいです。

ウォールステッカー通販 壁のインテリアシール 販売店【ウォールステッカー ストア】

TEST

| コメント(0) | トラックバック(0)
TEST